スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっとり おから煮(サクちゃんレシピ)

画像IPHON 27768

主人の母、サクちゃんのレシピ
しっとりおから煮

画像IPHON 27765

鳥ひき肉を油多めで炒め
にんじん、糸こんにゃく、油揚げ、

ここからが変わっていますが
野沢菜の古漬け、里芋、この里芋のお陰でしっとりします

(新潟ではポピュラーなのかな?)

具が温まるまで炒め
出汁、砂糖、醤油、お酒、塩を入れて炒め煮

水分が残る状態、後から入るおからの事を考えて、ちょっと濃い味付けにします
具が煮えたらおからを具の上に入れて
フタをして、母いわく、ぷっと蒸かすと言っていました
一呼吸置くと言う意味かな?

フタを取って良く混ぜ、味を見て足します
焦げるので、火加減に注意
最後に刻んだ白ねぎを入れて出来上り♪

スポンサーサイト

南蛮じょうゆ

画像 1488

3月に、生唐辛子を種ごとフードプロッセッサーにかけ

お塩、焼酎と混ぜ、寝かしたもの

画像 6745

落ち着いてきたので、麹と混ぜます

画像 6751

また、ビンに戻し、1年冷暗所に

画像 6756

こちらは、3年物

とても辛いでが、麹のお陰で、深みも甘みもあります

新潟のかんずりと材料は同じですが

これは、新潟県松之山生まれの義母の作り方です

母が亡くなってから私が作り続けています

主人は何にでも入れます

鍋のたタレは勿論、ラーメン、うどん、スープ、付けダレ等々

私は料理に、きんぴら、エビチリ、マーボー、豆板醤と同じように使います

「南蛮じょうゆ」この呼び名、家族の中では当たり前なのですが

検索しても同じ呼び名が無く

出来上がりも似ている物がありません

新潟の野菜、神楽南蛮を使った似たような物はありますが

「南蛮じょうゆ」何故 この名? 

聞きたくても空からの返事はありません

もう直ぐお盆なので、教えてくれるかな







プロフィール

ばあば

Author:ばあば
主人と私、猫1匹

最新コメント
カテゴリ
シンプルアーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。